忍者ブログ

究極の知ったかブログを目指す

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

はやいもので2012年も年の瀬、
皆様にとって今年はどんな年でしたでしょうか。

自分はというと、人間的には特に代わり映えしない一年のようでいて、
しかし客観的に見るとかなり濃密な年だったのではなかったか…

そんな印象の一年でした。

撮りためた写真を今年1月から見返しつつ、
どんな一年だったかを反芻してみたいと思います。

(※いつもに増してかなり長いです)

(※写真について、何か問題がありましたらお気軽に申し付け下さい)




拍手[0回]

まずは主要イベントを箇条書きにて。



1月

・3DS購入
・千葉を離れ移住

DSCF7934.jpg



4月

・集中治療のために預けておいたバイクを引き取りに逆里帰り
・庭にBBQかまどを建造する

DSCF9421.jpg  DSCF0523.jpg



5月

・仁科三湖ツーリングx2
・奈川~木曽ツーリング
・諏訪~山梨へ社員旅行

DSCF0609.jpg  KIMG0008.JPG

DSCF1885.jpg



7月

・関東ゲー音部に初参戦

01.jpg  02.jpg


・リバーサイドツーリング 日光
・奈川~木曽ツーリング part2
・リバーサイドツーリング めがね橋

DSCF2611.jpg  DSCF2679.jpg  KIMG0039.JPG

KIMG0026.JPG  KIMG0099.JPG

・デジカメ、PHS、携帯が水没で全滅



8月

・北海道~東北キャンプツーリング

9189365_1730480253_71large.jpg  9189365_1729837013_160large.jpg



9月

・美ヶ原ツーリングx2

KIMG0064.JPG


・関東ゲー音部in多摩リバー

KIMG0094.JPG



10月

・ゆるキャラまつりin彦根

KIMG0567.JPG  KIMG0399.JPG

KIMG0235.JPG  KIMG0587.JPG



11月

・オール1DAYライブ ゲー音部枠にて数曲出演
・関東ゲー音部

S0033013.jpg  KIMG0075.JPG



12月

・リバーサイド忘年会

DSCF3880.jpg  DSCF4066.jpg


・関東ゲー音部忘年会

KIMG0020.JPG  DSCF4448.jpg




…こうして見ると、遊びも遊んだりという感じではありますね。

忙しい時期とヒマな時期のコントラストがはっきりしていたお陰で
一年を通してメリハリのきいた活動ができたように思います。





その中でも「特にコレ!」というものを、
今年の三大出来事としてピックアップして行きましょう。





まずはゲー音部。

今年はこれ抜きでは語れない年になりました。

(ゲー音部の概要についてはこちらをどうぞ
 https://sites.google.com/site/geonbu/home/about

7月に初参加、8月に野外での非エレキ部活動、
そして11月にはなんとライブに参加させて頂くという
驚くべき出来事がありました。

ゲー音部への参加・入部は、じつに様々なことを
自分にもたらしたと思います。


ごく単純に、ゲーム音楽を演奏する楽しみ。

多人数で演奏することの複雑さと奥深さ。

触ったこともない機材の扱い、見たこともない楽器との共演。

ゲーム音楽を愛し過ぎるほど愛する人の情熱とスタンス。

そうした方々との関わりと交わり、そしてカタルシスの共有。


まだまだたくさんの要素を挙げたいのですが、
言いたい事はこんな小難しいことではなく… 一言でいうと

「ゲーム音楽をみんなで演奏するのって、こんなに面白いぞ!」

となるでしょうか。

私は何でもすぐに評価や結論したがったり
そのために考えこんでしまうタチなのですが、
ゲー音部については結論できない事がとても多く、
初参加から今に至るまで、ずっと戸惑いにも似たワクワク感を
抱えたままでいます。

まるで冒頭から非常に魅力的な、超大作ゲームをスタートしてしまったような。



ともかくも、大勢の凄いプレイヤーの皆さんと演奏できたことが
本当に嬉しく、楽しくて。

自分の演奏は、引き金ひいたら着地するまで軌道を
変えられないような融通のきかない感じで、
毎回ご迷惑をおかけしています。
まさに弾き手の性格そのものというか。

こんな絡みづらい人間にお付き合い頂いていることも含め、
ゲー音部の皆さん一人一人に心から感謝を。

いつもありがとうございます。
ゲー音部と、それに関わる全ての方々は、自分にとってヒーローです。



あとは、ゲー音部に興味のある方へ是非お伝えしたい事など。

入ってみて分かった事なんですが、
ゲー音部は(レトロ)ゲーム音楽が好きな方なら誰でも、すぐにでも
楽しめる集まりだと私は思います。

「音楽を演奏する集まり」と聞くと、どうしても身構えてしまう部分はあると思います。
おそらく経験者でも。

どこかで書こうと思っていたのでこの機会に書きますが…

ゲー音部について私がいつものように面倒臭いことをゴチャゴチャ考えていたとき
さば夫さんのツイートを見て、ひとつピンと来たことがあります。

「楽器というコントローラを持ち寄って
 なつかしのゲームを遊ぶように音を出す
 それぞれの頭の中にあるステージをみんなで攻略する
 そんな感じですねゲー音部」

なるほど!と。

幾人かの知り合いにゲー音部を勧めたとき、その反応は
「機材を手に入れて、練習して、ある程度やれるようにしてから…」
という感じで、それは無理からぬ当然の事なのですが
ゲー音部においては少し違うように思います。

それは、

「ゲーム持ってきたから今からみんなでやろうぜ!」

っていう声に

「えっそれじゃ俺もそのゲーム買って練習してうまくなってから行こうかな…」

と応えるようなもの。

だからオススメしときます。
気になったならとりあえず参加してみるのが良いです!
一緒に遊びましょう!

見学でもなんでも。
そして一度見たら最後、楽器を手に参加したくなること請け合いですよ。








「まず」のゲー音部についてが長くなってしまいましたが、
今一番ホットな話題ということでご勘弁を。



さて次はなんといっても…

北海道東北キャンプツーリングです。

8月にメインの仕事場から長期休暇をいただいて、
そのほかの仕事を旅先で消化することで
非常に長い旅行が実現しました。

目指すは北海道、そして…

老朽化するバイクと、自分の肉体への挑戦として
目標をかかげました。

「ナイトホーク250で24時間以内に1000km以上を走破せよ」

コレの意味については長くなるので省略しますが、
「車体ともどもまともに走れるうちに無茶をやっておこう」
そんな所でだいたい合っています。




5372da62.jpeg

午前0時をまわったのを見計らって出発、東北道をひたすら北上。



9189365_1724414068_60large.jpg

昼過ぎに青森から函館行きのフェリーに乗り込み、3時間ほど小休止。
函館から札幌を目指しました。

結果、豊浦ICを通過した辺りで達成。時間は23:40前後。
最初からクライマックスな展開で満腹です。



以下、かんたんに。



9189365_1724414060_116large.jpg

2日目 疲労回復しつつ仕事用PCのセットアップ。
     苗穂ファクトリーのタージでベリーベリーホットなど。





9189365_1728134158_6large.jpg  9189365_1728134155_101large.jpg  9189365_1728134153_5large.jpg

KIMG0154.JPG

3日目 小樽デー。一日かけて小樽を漫喫。この日は一人でじっくりと。
     夜は札幌へもどり、えびそばの一幻へ。





KIMG0156.JPG  KIMG0158.JPG  KIMG0160.JPG

4日目 白石デー。キャンプ用のヤカンを新調。
     そして、札幌ゲー音部内ユニットのコロポックリの皆さんの練習を見学。
     ハイクオリティな演奏に只々うっとり。
     らっきょ大サーカスにて晩御飯までご一緒させて頂きました。





9189365_1732407849_178large.jpg  9189365_1732407860_80large.jpg

5日目 石狩・江別デー。佐藤水産のシャケ製品を腹一杯に食す。
     大麻と野幌を中心に思い出の店を巡る。





9189365_1732646873_224large.jpg  9189365_1732646849_29large.jpg

6日目 南幌・すすきのデー。メガキャベツ天丼に惨敗を喫する。
     すすきのではずいぶん上等なジンギスカンを頂いた。





9189365_1732995124_171large.jpg

KIMG0274.JPG KIMG0392.JPG KIMG0422.JPG

7日目 道北ツーリング1日目。
     札幌を出て275号をメインに朱鞠内湖を目指す。





9189365_1732995123_109large.jpg

KIMG0443.JPG KIMG0512.JPG KIMG0578.JPG

8日目 道北ツーリング2日目。
     朱鞠内湖から日本海へ抜けて宗谷岬へ。
     帰りは内陸側を通ってふたたび朱鞠内湖。





9189365_1732995122_145large.jpg

KIMG0718.JPG KIMG0743.JPG KIMG0781.JPG

9日目 道北ツーリング3日目。
     深川・芦別・夕張・長沼を経由して札幌へ帰還。
     この3日間で走行距離は1000km弱。




(数日間あけて、これより復路)




KIMG0041.JPG KIMG0071.JPG KIMG0104.JPG

1日目 札幌~函館~青森。月見野のキャンプ場へ。
     函館でウニ丼。青森での晩飯はハセストのやきとり弁当。





KIMG0120.JPG KIMG0129.JPG KIMG0134.JPG

2日目 青森~宮古。朝飯は十数年来の念願だった鶴亀屋食堂のマグロ丼。
     宮古では山の中のキャンプ場へ宿泊する予定が
     ご好意で知り合いの知り合い宅へ泊めて頂く流れに。
     津波の爪痕は深かった。





KIMG0175.JPG KIMG0216.JPG KIMG0220.JPG

3日目 宮古~由良。雨に降られつつ移動。
     この日が旅行中もっともつらかったかもしれない。





KIMG0228.JPG KIMG0250.JPG

KIMG0267.JPG KIMG0273.JPG

4日目 由良~信州。新潟を抜けるまでは最高に気持ち良い快晴。
     あと一歩のところで激しい雷雨で足止め。
     SAで数時間待機してどうにか帰り着く。





といった具合で、期間も長ければ内容も濃い大旅行でした。

たくさんの方に出会い、またお世話にもなりながら
今までに無い素晴らしい旅をすることができました。
これだけの規模の旅行は、もうなかなかやれないでしょうね…。

やりますけどね。

出てから戻るまで、走行距離はトータルで4000kmオーバー。
本当に良く走りました。

眼も良く見えず、フラフラになって到着して
その日は「もーイヤだ」と思っても、
またすぐに走り出したくなってしまうのは何故なのでしょうか。

それは…



9189365_1700349412_72large.jpg



だからですよ!







最後は、ひとつの事ではないのですが
信州へ移住したこと、それにまつわる人との御縁です。


DSCF0550.jpg

春に作ったBBQ用のかまどは、それを象徴するモノになりました。

地元の旧友との再会。
新たな知り合いと、既知の知り合いを交えての歓談。
はるばる千葉や他県から立ち寄ってくれるリバツーの仲間。
素敵な温泉やおいしいご飯、すばらしい景色と道、
それら何物にも代えがたい時間を共有できた幸福。

以前よりもずっと強く人の縁を感じた一年でした。








以上が私的2012年の三大ニュースとなります。

膨大な量の写真をながめて振り返ると、
改めて濃い一年だったなと思わされました。

なんとなくホネになり損なったみたいな気持ちでダラダラ生きてますが…
生きてりゃなにがしかあるものだ。

来年はどんな年になるでしょうか。



そんなこんなで大変ながくなりましたが、
皆様来年もよろしくお願い致します。よいお年を。

あと、こんなチラシの裏を最後まで読んで頂いた方には、
特に幸せなことがありますように、今日の二年参りでお祈りしときます…(笑



9189365_1479156586_227large.jpg 9189365_1479156561_123large.jpg






◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
PR