忍者ブログ

究極の知ったかブログを目指す

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お久しぶりです。

「新たな相棒、『カワサキ EX-4』を購入しました」 

というエントリーを書くはずだったのですが、
乗り始めてから既に3週間以上が経ってしまいました。

このままだと書くタイミングを失って色々わすれてしまいそうなので
これまでの事をメモしておきたいと思います。

拍手[6回]






今まで乗っていたのはホンダのナイトホーク250。
http://www.honda.co.jp/news/1992/2920221.html

札幌で購入し、5年間で45000kmほど走行。

タフで燃費が良く、乗りやすくて疲れにくい。
長く乗り倒すには最適なバイクでしたが、1つだけ不満が。

それは 「高速に乗り続けるロングツーリングには非力でツラい」 という点でした。



当然といえば当然、こればかりは排気量依存の問題なのでどうしようもない。

10万km越えるまで乗り続けるぞ!…と息巻いていましたが
年に1度は北海道ツーリングを行うようにしている事もあり、
だんだんと「次のバイク」を妄想するようになって行きました。

でもね、ナイトホークほんとに良いバイクなんです。
ステップアップの踏ん切りをつけるために敢行した、
昨年の北海道行き往路もみごとに完走を果たしてくれました。

(→こちらの長い日記の、ちょうど真ん中以降に詳細あります)

兄貴分のナイトホーク750に乗ってみたいだとか、
試乗したCB400スーパーボルドールの狂ったような安定性に惚れたりとか、
オススメして頂いたビッグワン、CB1000SFを本気で検討してみたりだとか、
無難だけどほぼ全ての条件を満たすCB400SFが結論になったりだとか…

もちろん他にも色々。

5年のうち3年はアレコレ考えつつやっぱりナイトホークが一番ね、などと
旅行から帰ってきたお母さんみたいな事をグルグルと考え続けていました。

ところが



またまた前置きが長くなりましたが、

見つけてしまったのです。
「全て」の条件を満たす車体を。



それがカワサキEX-4。
http://www.goobike.com/catalog/KAWASAKI/EX_4/3781.html

安い!
丈夫!
ハーフカウル!ツアラー!(これは後に認識を改めることに)
年式もそこそこ!
パーツも安い!
タンクでかい!
燃費もいい!
車重かるい?(これも勘違いで、その後むしろ好都合な結果に)
パラレルツイン!
実力ある!
保守部品の入手も容易で安価!
センスタ有!
ハザード有!

おまけでアンダーカウル!ツイントリップメーター!6速!



そして何よりも…この紺!



「メタリックノクターンブルー」

EX-4の後期モデルの青。その塗料の名前です。

蒼の夜想曲…!

なんと中二心くすぐるネーミングか!

…いやいや問題は色の名前でなくて、この色ですよ。
この、夜見ると黒かなと思うくらいの深い、それもベタッとした紺色。

どうも自分は、ある時期から車両はこの紺でないと
受け付けない身体になってしまっているようです。
(たぶんアルトワークスに乗ったあたりから)



色々なバイクを検討しながらも決まらなかったのは、
「コレだ!」という感覚にならなかったからだと思います。

さぁ惚れたら一直線、さっそく在庫を検索してみると…




全国に一台のみ (GooBike検索 ※当時)




迷っている時間はありませんでした。
速攻で押さえにかかり、まずは車体の確認と契約に千葉へ。

価格は当初の想定よりも多少高めになりましたが、
モノの状態が「良い方の想像通り」だったので
そのまま決めて帰ってきました。

もうね、卑怯ですよね。
お店に到着するや否や、すぐさま「エンジンかけますね」って。

慣れ親しんだパラレルツインの音が響く!
凶悪なナイトホークみたいな音だ!

アイドリングはトコトコトロトロ。
回せばヴァアアアアアアア!!と吠える。

音聞いたらイチコロでした。



自分はこれだけ乗っていながら車体に関してはド素人なので
確認には浜名っこ大佐さんに付き添いをお願いしました。
(その節はお世話になりました。お陰様です。)

これが4月末。

車検と整備に関しては急いで仕上げてもらうような事はせず
時間はありますし待てますのでじっくりやってください、とお願いしました。

そして5月中旬、受け取りにふたたび千葉へ。

ヘルメット持って3回高速バスに乗りました…(笑



納車の帰り道は様々なテストができるコースとなりました。

市街地(裏道と幹線道路)
→外環自動車道(日中~夕方の高速走行)
→関越自動車道(夜間の高速走行)
→地元の峠越え(この先、日常ツーリングのメインとなる山道)

久々の400cc(しかも初日)はさすがにちょっと持て余し気味で、
これは馴染むのに時間かかるかも…という感想でした。





ともあれ、引き取ってきた翌日に撮った写真がこちら!

2549ddec.jpeg




















年式なりのデザインですが、自分みたいのには
こういうのがカッコいいと思えてしまうわけです。







で、一応このブログに書く記事はレトロゲームに関連させるという目標がありまして

ちょいとイタズラしてみました






60c604f2.jpeg





















冗談でやったつもりが、見ているうちに「アリなんじゃないか…?」と
思えてきてしまうのが怖いところ。

実はその後、ゲー音部の一員として参加したゲームレジェンドにて
このような大変良いものを入手しまして…





9e0db782.jpeg























本当に貼ってしまおうかな…とちょっと悩んでいる所です。
スクリーンやタンク上部にウルフファングのロゴなんて、
なかなか堪らないものがありますね…





さてさて、EX-4入手から現在までの話はまだ続くのですが
もう十分ながい日記になってしまいましたので前後編に分けたいと思います。




0831c28e.jpeg









次回は

よく考えてみたらスポーツ系のバイクは教習車以来だった!
いままでの適当な運転のツケを払うハメになった話



年に二度しかない信州のグッドライダーミーティングに参加してきた話

になる予定です。



あとEX-4がマニア車と言われる事についての所見も少しだけ…(笑
   
   
   
   
   

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
PR