忍者ブログ

究極の知ったかブログを目指す

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




毎度わすれた頃に更新です。

今年のはじめに体調をくずしてしまい、どこにも出掛けられない日が続いて
すっかりやる気を無くしていたじじいです。
ようやく出歩けるようになってきたのでリハビリに近場をうろついてます。

体力がガタ落ちしてしまい何をしても動悸に息切れしてしまうもので
ウォーキングを日課にしてます。

でもトレッドミルの上ばかりでさすがに飽きてきたので、散歩ついでに
以前から気にしていた県道278号線の通行止区間の状況を伺ってきた次第を。


拍手[2回]




(正直、今回ばかりは自分以外誰の得にもならないエントリーかも)
 


県道278号は松本盆地をほぼ梓川に沿って西へ伸び、山間部へ入る直前で
上高地・高山方面へ向かう国道158号と合流する道です。



この方角へは158号が大動脈なのですが、
梓川を挟んで北側を細々と通っているのが県道278号です。

(上の画像の赤枠内が下の画像)



昔からたびたび通行止になり、気づくと復活しているような道でした。


小さな集落を抜けて、徐々に民家が姿を消す。
片側には鬱蒼とした森、もう片側に上高地から流れる梓川を見下ろす。
夏場に濃い山の薫りを吸い込みながら走っていると、突然ひやりとした空気。
道のすぐ脇を流れ落ちる沢からの冷気は、エアコン顔負けの涼しさ…


と、そんな感じで何度とおっても飽きのこない良い道だったのですが、
どうした事かここしばらく(2年弱?)通行止めになったままです。

何度行ってみても通行止めの立て看板には工事の期間も書いておらず、
気になって一度は電話で問い合わせてみたものの全く要領を得ない。

ならばこの足で現場に入り、この眼で確かめてみるまで。
(※当然ですがこのような行為は非推奨です。色々と危ないです。)





上の方にある詳細図の赤い線が車輌が入れない区間。
この写真はその東側の端。徒歩で進んでみます。
図で見ると通行止め区間は1kmに満たないのが分かります。



しばらくは路面に異常もなく、バイクでも普通に走れそうでした。

が、少し進むと…





道の両端からツタが伸びてます。
なんという植物なのかは知りませんが、踏んだ時の感触が
シャキシャキしていてやたらと水っぽい感じでした。
開通した暁には除草作業が行われるのでしょう。





南側の景色です。
森しか無いように見えますが、川の向こう側に国道158号が通っています。

国道は週末や行楽シーズンにはかなり渋滞しますので、それを回避する意味でも
できるだけ早くこちらの通行止めを解除して欲しいところです。





徐々に路面が荒れてきました。

前方に問題の箇所が見えてきます。






撮ってきた写真とストリートビューを比較しながら進んで見ましょう。
障害の正確な位置が分かるやも…







2カ所目の柵。
このまま放置すればツタが絡まって緑の柵になりそう。







ほぼ現場です。

落石っていうか…これ完全に崩落…







これはひどい。

写真だと分かり難いですが、防石ネットごと破れ落ちて
道が完全にふさがれていました。

崩れ落ちた土砂をツタが這い上がってます。
樹木も崩れたまま伸びているような。







向こう側にも柵が見えます。

躊躇なく2カ所目の柵を越えてしまいましたが、
どうやらこの柵が最終警告ラインだったようです。

崖側からたまにバサッとかドカッという音が聞こえて、
崩落が現在進行形であることを示しているようでした。

危ないので早々に退散。





こうして通行止めの原因を目の当たりにしてきたわけですが、

「落石で通行止め」という字面から想像できる事態をはるかに越えた状況

であることが良く分かりました。

確かにこの場所、278号の中で最も険しい部分で、
それまでは割と緩やかな山裾を走っていたのが
突然ここだけ断崖絶壁の中腹を通る形になります。
(ここを過ぎて158号に出るとまたしばらく集落が続くのですが)

崖はコンクリートで塗り固められた上にネットが張られていましたが
それがこんな風になってしまうものなんですね…

ツタといい土砂といい、ここは人と大自然との戦いの最前線なのかも知れません。



これを調査して修復して補強して路面を掃除して這い出した草を除草して…
手間もヒマもかけて、ようやく道として機能するようになるわけですな。

工事関係者の方々を応援したくなります。
(まだ手が着けられない状態にも見えますが)

兎にも角にも、なるべく早い復旧を願うばかりです。
   
   
   
   
   

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
PR