忍者ブログ

究極の知ったかブログを目指す

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

100円玉を握り締めて
デパートのゲームコーナーへ走る

子供の頃にこの経験をした人とは、
以降このカテゴリでは話が通じやすいと思います

もちろんデパートの屋上やゲームコーナーだけでなくって
近所の駄菓子屋だったり、薄暗い照明のゲームセンターだったり

エレメカ、大型筐体、ビデオゲーム

それまで音もなくデモを繰り返すだけだった筐体が
コインを投入した瞬間、まるで魂がこもったように反応する

そう、君は僕を待っていた
僕は君に会いに来た
今日はどんな事が起こるのかな?

そんな不思議な感動が、アーケードゲームにはあると思います

拍手[6回]




自分にとってアーケードゲーム、とりわけビデオゲームの
原体験ってなんだったろう、と干からびた脳みそを搾ってみると…

家族で旅行にいった先で遊んだゼビウスが思い出されました
なぜかプール施設の中にあったテーブル筐体に
夢中になった覚えがあります

そしてその時いった言葉も思い出しました
「将来、絶対このゲームを買うよ」

テーブル筐体ごとゼビウスを…っていう意味でした
子供って大それた事を考えますね

しかしその思いは強烈だったようで、
歳をとった今も形を変えて同じ夢を追っている自分に気づきます



透き通った電子音、リズミカルなBGM
ブラウン管の少しぼやけたカラフルな世界
レバーといくつかのボタンと、擦り切れたパネル

そこに全てがあった
筐体と自分とだけで、完全に完結した世界があった
満ち足りていた…

今、町へ出てそんな気持ちになれるゲーム、お店って
果たしてあるんだろうか?

「子供だったから」というのは理由にならないと私は考えています

個人経営のゲームセンターは次々姿を消し、
ビデオゲームは衰退し、
ゲームは家で、PCで、ポータブル機で遊ぶ時代になっても

追い続け、触れ続けているなら必ずその時はあると断言します

だってほら、今日もまたどこかで
そんな心の琴線に触れるゲームが作られてる
あの頃の自分が、私たちが、今も生きているでしょう?
   
   
   
   

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
PR