忍者ブログ

究極の知ったかブログを目指す

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



北海道旅行記、本編にあたるツーリングとキャンプの部分は
前回までで終了しました。

最後の日記はエピローグとおまけです。
フェリーで小樽を出港し、新潟から長野まで。



拍手[2回]




DAY14 9/12



キャンプ生活で早朝に目覚める癖がつき、
寝過ごすことなく起床。

フェリーに乗るまでかなり時間の余裕があったので
ちょっとだけ余市方面へ走りに行こうかなとも思ったのですが、
最終日にバタバタしたり何かあったりしても困るので
ゆるりと過ごすことにしました。

無料の朝食サービスは数種類のパンと飲み物。





天気は前々日から引き続いて不安定でしたがキレイな青空も。





そんな感じで、なかなか良いホテルでした。
また利用したいと思います。





港の近くのセイコーマートで食料品を買い込んで乗船待ち。





バイクを固定して荷物を運び入れ、デッキに出ると
けっこう強い雨がふったりやんだり。

往路同様に、まずはガラナで乾杯!
無事に全行程を終えて帰途に就けたことに感謝!





そして出港。
フェリーの上はもう北海道ではありません…さらば北の地!





天気はさらに不安定に。
噴煙のような雲。





海上にもゲリラ豪雨的なものが発生してました。
写真右端にまっすぐ海へ落ちる雷が写っています。





ちょっと見えにくいですがこれも雷の写真。





上は往路の写真。8月末だったので夏仕様でしたが…



船内の装飾が完全に秋になっていました。






航跡をながめていると、旅行中に見た光景が浮かんでは消え…



日が暮れて船内のサロンに居ると、トラックの運転手の方と
自分と同じように北海道ツーリングに来ていた方とで酒盛りに。

この旅行記のどこかでも触れたかもしれませんが、
8月末~9月に北海道へ旅をしに来る人というのは
「混雑を避けながらも、ほどほどに人と接したい」方が多い印象です。

8月のトップシーズンはもうどこへ行ってもお祭り騒ぎで気温も高い。
しかし北海道は9月に入ると気温が一気に下がって行ってしまう。

「ほどほどに人に接したい」と書きましたが、それは人数のことで
むしろ「少数であってもきちんと接したい」という意味でです。
(もちろん本当に孤独になりたくて来る人もいるでしょうけれど)

北海道の一番過ごしやすい季節、
それもお祭り騒ぎが落ち着いた頃合いに
できれば景色や場所を独り占めしつつ旅して、
そして触れ合う人達とは落ち着いて話をしたいし聞きたい。

そんな方がこの時期を好んで訪れている気がしてなりません。

サロンのお二人ともそんな話題で長話をしました。
色々な人生があり、その中で北海道へ訪れる理由とタイミング。








以下、新潟から帰着までの蛇足です。



DAY15 9/13

新潟港に接岸、天気は小雨。

高速は使わず下道でゆっくり帰ります。
しばらく走ったところでガソリン残量が気になりはじめ、
スタンドを探しまわったのですが早朝で閉まっている所ばかりで
少しヒヤヒヤしました。





県境を越える頃には雨は上がりました。
その間ずっと行く手に虹が見えていたのを覚えています。





個人商店の雰囲気が残るコンビニで
カッパやジャケットを干しつつ栄養補給。





途中、少し寄り道をして帰りました。
こちらは野沢温泉





駐車場から近く、一番入りやすそうな「横落の湯」に。
料金は入口の箱に、気持ち程度でOK。

疲労回復。いいお湯でした。






そんなこんなで午後の3時という余裕たっぷりの時間に帰宅。

特にトラブルもなく旅を終えられたこと。
新しい相棒のEX-4と北海道を走り回れたこと。
初めての場所、思い出の地をこの足で踏みしめたこと。
たくさんの人と出会えたこと、再会できたこと。

全てに感謝しつつ。

このシリーズは以上で終了です。

読んで面白いかどうか自信はありませんが、
もし雰囲気だけでも楽しんで頂けたのなら幸いです。
通しで読んで頂いた方、ありがとうございます。どうもお疲れ様でした。
 
 
 
[おわり]
 
 
 
 

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
PR