忍者ブログ

究極の知ったかブログを目指す

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前編に引き続き、千葉県市川市にある娯楽施設
大慶園をご紹介して行きます。

山も谷もない文章と画像でお送りしていきますが、
雰囲気が少しでも伝われば幸いです。




拍手[5回]

通路をはさんで反対側の建物に入ってみましょう。
かなり広いフロアに、大型筐体とまたもやUFOキャッチャーがずらり。



769ceea2.JPG














新しめだけど、結構めずらしいものもあったり。



e47e458f.JPG














やや、こいつは私の大好きなハーレーダビッドソン・キングオブロード!
コインを投入せざるを得ない。もちろんパターソン一択です。
BGMはBURN。1929DLかっこいい!くそじじい最高!

ゲーム自体は前作の方が面白いのが、唯一残念なところ。



DCF_0028.JPG










メダルゲームも充実しています。



c7d37eae.JPG













パチンコ・スロットコーナーは
もう完全にパチンコ屋。



90fd2ed6.JPG










もちろん普通のビデオゲームもあります。
が、1Fに置いてあるものは、このブログ的には
特筆すべきものが無いのでスルーで(笑

これはそのビデオゲームコーナーに隣接する
ガチャコーナー。凄い数。



db87a977.JPG










2Fから見下ろすと、かなりの広さなのが分かります。



e5bf3b67.JPG













子供用の大・中型筐体も並んでいます。

あっ、あの自販機は…
あれが入場券が使える幸せの黄色い自販機か!



DCF_0057.JPG










吹き抜けの部分を利用して
ピンポイントショットを設置してありました。

たしか、むかし北海道のキャッツアイで遊んだ記憶が。



b1cb748b.JPG










「ガン・ゲームの異端児『ピンポイントショット』」

「設置できる場所が限られているため、ファンの間でも意外としられていないのが
これ。『ピンポイントショット』だ。それもそのはず、なんてったって『標的ははるか
20メートル先』という大胆な設計。どこのゲームスペースにでも置けるという
訳にはいかないのだ。
(中略)
ガン・ゲーム・ファンなら1度はやってみる価値があるぞ。」

と、何かのコピペみたいな説明書きが筐体に貼りつけてありました。



8d1bbe71.JPG










卓球台なんかも置いてあるんですね。



DCF_0059.JPG










この、奥の方に並べてある筐体たちが今回の最大の目的。
確か大工の源さんとかが稼働していたはず…

こちら側からは行けないぽいので、
一旦下へ降りてから階段を登ります。



80aaaf4e.JPG










と思ったらずがーん

まぁ、何も言わずに全撤去されるよりはマシですか…
改装後に期待をかけて。



01fcbeda.JPG










さて、今回のご紹介も大詰めです。

大慶園!といえば!
このレーシングカートです。



b2cc9e1a.JPG










本物のエンジンが搭載されたゴーカートで、
非常にいい音がします。低速なりに加速感もあり、
速度が落ちるのも構わずにドリフトしまくるのが凄く楽しいです。



b1fc2833.JPG














受付。

なにかこう、多少の時代に取り残された感を醸しつつ
どこかちょっとオシャレに感じます。

上のMGP SPEEDWAYって書いてあるスピーカーっぽいゲート、
何かのゲーム筐体の一部分に見えるんですが(笑



405c7495.JPG













走るたびにポイントが貯まり



73d03fdd.JPG










こういった景品と交換してもらえるようです



DCF_0043.JPG










コースの上には色んなものがぶらさがっています。
これはヘリコプター…あのヘリポート、やっぱ実際に使われてたのだろうか。



fb2956d7.JPG










ほんと色々ぶらさがり過ぎです。
もしレース中に落ちてきたら…と思うと少し心配に。






DCF_0066.JPG










そんなこんなで、一通り周り終えたので
入場券を使ってドクペを購入しました。

私はここ以上にドクペが似合うゲーセンは
無いんじゃないかって思います。

テーブルがわりにしてるのは、ドラム缶でできた灰皿。
ここは灰皿やベンチが多く、ちょっと休めるスペースがそこらじゅうにあります。
このご時世、喫煙者には涙が出るくらい嬉しいです。




前後編でお送りした、大慶園のご紹介いかがでしたでしょうか。

こちらで紹介した施設以外にも
野球チーム向けにグラウンドを時間貸ししていたりして
スケールの大きさに驚かされます。

でも、中身は記事のタイトル通り、
遊園地未満・デパ屋以上といったところで
それがまた哀愁みたいなものを感じさせてくれる、
素敵な素敵な遊技場です。

皆様も近くへお立ち寄りの際は
これ以上ない程しっくり来るドクターペッパーの風味と共に
楽しい一時をお過ごしください。

…前回で書いたとおり、公共機関からはアクセスがちと厳しいですが(苦笑




おまけ

DCF_0067.JPG













駐車場の脇にはこんなものが飾ってあります。
跳ね馬のマークの赤い車が2台…
リアルアウトランですね!分かります!

ちなみに、私は見たことがないのですが
敷地内・周辺にはその筋の人が仰天するような
ジャンクが転がっているそうです。
興味のある方は調べてみてくださいませ。
   
   
   
   
   

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ こんなところがあったとは…!

前、後編とも読ませていただいたのですが、
画像に出てきたゲームやカートが全て一つの施設にあるわけですよね…?
むちゃくちゃ広くないですか?(笑)
この広さとなんでも揃っている「楽園」的な感じは最高ですね…!
際限の無い感じの娯楽施設、たまらないです!

『ピンポイントショット』なるガン・ゲームがあったんですね!
僕は全然知りませんでした…!
ネットで検索してみたんですけど、ほとんど出てこないですよね…。
20メートル先の標的…、なんて豪勢なゲーム筐体だ…!

ニチオク 2010/09/02(Thursday)21:02:16 Edit
◎ 千葉県の底力?

毎度です!
はい、前後編でご紹介したものはすべて、
大慶園の敷地内にあります。
「ゲームセンター」という単語で想像する規模では
ないですね(笑

本文中にも書きましたが、以前ピンポイントショットを遊んだ
新札幌のキャッツアイでも、吹き抜けを利用して
的を設置してありました。

それを2Fのメダルコーナーから狙い撃つ、という感じだったと思います。

曝頭 2010/09/06(Monday)18:24:47 Edit
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
PR